プロペシアの効果・副作用・向いている人について

プロペシアの効果・副作用・向いている人について

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬としてアメリカのメルク社が開発し、日本を含む世界60ヵ国以上で認可されている薬です。皮膚科、またはAGA専門医院などを受診することで処方してもらうことができる薄毛改善に効果の高いお薬です。病院以外で野購入には個人輸入代行サイトを利用する必要があります。

 

以下の通販サイトで手軽に購入できます

口コミも豊富に掲載されているので参考にしてみてください

オオサカ堂のプロペシア

 

プロペシアの効果・作用

プロペシアはフィナステリドという成分の飲む育毛剤です。
AGA(男性型脱毛症)の原因となる男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制することで、脱毛や薄毛を防ぐ効果があります。

 

男性型脱毛症(AGA)とは、成人男性によく見られる、頭髪が薄くなる状態のことです。

 

DHTは血中のテストステロンに5α-還元酵素(ファイブ・アルファ・リダクターゼ)が働いて作られる物質です。
プロペシアは、5α-還元酵素を阻害する働きがあるため、DHTが生成されなくなり、AGAに効果が得られるという特徴があります。

 

DHTを抑制することで、短くなったヘアサイクルの成長期を正常な状態に戻し、その結果として髪1本1本を太く長い状態にまで成長させることができます。

 

服用後の変化

基本的な使い方としては1日1回1錠です。
3ヶ月程度で抜け毛の数が徐々に減り、半年の連続服用で、脱毛の進行が止まり効果を実感できると思います。この辺りから頭髪が増えてくる人も多くいます。

 

ただし、継続して服用することが大切で、途中で服用を止めてしまうと元の状態に戻ってしまう人も多いと言われています。

 

プロペシアの副作用

少数ではありますが、プロペシアの服用によりED(勃起不全)の副作用が現れる方もいます。ただし、全体の1%ほどと言われています。これはプロペシアが男性ホルモンに作用するためだと言われています。

 

また、使えるのは男性のみです。妊婦の方や授乳中の方は絶対に服用してはいけません。ここは注意しましょう。

 

プロペシアが向いている人

プロペシアは、もともとは前立腺関連の治療薬として開発されたのですが、服用した患者さんに発毛効果が見られるようになったため、改めて育毛剤としての研究開発されて生まれた薬です。

 

ただし、プロペシアの効果は髪を生やすというよりは、抜け毛を防ぐ意味合いが強いものです。髪を増やしたいと考えた場合は、薄毛がある程度進行している人にとってはプロペシア単体での治療では少し物足りないかもしれません。

 

しかし、ミノキシジルなどの発毛効果の高い薬は副作用も強いため、まずはプロペシアから利用する人が多いです。

 

初期の薄毛・抜け毛には効果が高いですが、ある程度進行している方はプロペシア以外の治療法も必要になってくるかもしれません。

 

これから薄毛・抜け毛対策を始める方は最近気になり出した方や気にしていなかったけど気付いたらやばいことになってたなんて人が多いと思います。そのため、まずはプロペシアやフィンペシアから始めてみるのがおすすめです。


【通販サイト横断】最安値単価表 フィナステリド育毛剤人気ランキング キノリンイエローフリーのフィンペシア