薬の効果とプラセボ効果

効果を高める薬の豆知識「プラセボ効果」

ここは興味本位に読んで欲しいところですが、臨床実験によって効果が出ていることが証明されていることでもあるので薄毛対策として薬を服用する際に活用すると良いかと思います。

 

ここで紹介するプラセボ効果(プラシーボ効果)というのも実は結構侮れないもので、薬の効果を高めるという結果が出ています。

 

プラセボ効果とは?

プラセボ効果という言葉をご存知でしょうか?
要は「思い込みの力」のことです。

 

このプラセボ効果というのは、薬の効果を確かめる臨床実験が基となっており、本物の薬を飲んだ方と本物の薬と似せて作った薬(偽薬)を飲んだ方で効果に違いが現れるのかを検証した実験です。

 

この臨床実験から本物を飲んでいると思って偽薬を服用していた人は病気改善の効果が得られたといいます。この偽物の薬のことをプラセボといい、プラセボを飲んで改善することをプラセボ効果と言います。

 

そして、驚くのは脳の活動を調べた結果、プラセボを飲んで病気が改善されたと感じるのは単なる「気のせい」ではなく、本当に脳の変化としても現れていたということです。

 

薬の効果+プラセボ効果が有効

この実験で言えば、プラセボ効果が本物の薬を飲んでいた方と効果が同じだったかと言えばそうではありません。プラセボ効果は効果的なのですが、効果は一時的なものが多いということです。当然ですが、本物でないと得られない効果もあるので、効果を持続させるには、本物の薬でしか得られない部分はあります。

 

つまり、何が言いたいのかと言うと納得して飲むと効果が大きいということです。

 

薬の効果とプラセボ効果、両方とも効果があるというのは非常におもしろい結果ですよね。効果があるなら使わない手はありません。

 

思い込みの力であり、自己暗示みたいなものですが、薬の効果を納得した上で飲むと高い効果が得られることは実証済みです。

 

特にプロペシアやフィンペシアは飲んですぐに効果が現れるものではないですし、初期脱毛が酷いときもあります。そのため、効果が出るまでがとにかく不安なものです。止まらない抜け毛を見て胃が痛くなったり、精神的に辛くなることが多いです。

 

こういう場面でいかに薬の効果を信じて続けることができるかでも効果に違いが出てくるということでもあるのだと思います。
気持ちを切り替えるのはなかなか難しいことでもありますが、なるべく前向きに取り組めるようにすると良いと思います。


【通販サイト横断】最安値単価表 フィナステリド育毛剤人気ランキング キノリンイエローフリーのフィンペシア