プロスカーとフィンカーの違い

プロスカーとフィンカー(ジェネリック)の違いについて

まずはじめに・・・
プロペシアとプロスカーの違いでも紹介していますが、プロスカーはプロペシアの元となった薬でプロペシア同様にフィナステリドが含まれており、脱毛を防ぐ効果が期待できます。

 

このプロスカーもプロペシア同様、薬の位置付け的には先発医薬品に当たります。プロスカーも使用者が多く、人気の高い薬のためジェネリック医薬品も販売されています。

 

その、プロスカーのジェネリックに当たるのがフィンカーです。

 

正確にはフィンカーはプロスカーの成分を真似てCipla(シプラ社)が独自に製造している薬で厳密な意味でのジェネリック医薬品には当たりません。(プロペシアとフィンペシアも)
つまり、成分は同じですが厳正なチェックが行われているわけではないため、病院では非常に購入し辛い薬で購入の場合は個人輸入(海外通販)を行うことになります。

 

ジェネリックについてはプロペシアとフィンペシアの違いでも紹介していますのでそちらを確認して頂くのが早いかと思いますが、当然フィンカーもプロスカーと同様の効果を期待できます。

 

つまり、フィンカーの効果で言えば・・・
プロペシアの効果・副作用でも紹介しています通り、
短くなったヘアサイクルの成長期を正常な状態に戻し、髪の毛1本1本を太く長い状態に成長させる発毛効果や脱毛・薄毛を防ぐ効果が得られます。

 

副作用も同様で、少数ですがED(勃起不全)が症状として現れる方がいます。

 

基本的には先発医薬品とジェネリック医薬品という位置付けで作られている以上基本的な効果や副作用はどれも同様になります。ジェネリックの特性として飲みやすさや服用方法に改良が加えられることはありますが、基本的に効果に違いはありません。

 

写真はありませんが、見た目は同じ水色の錠剤ですが、形が三角形と丸という違いだけで、大きさも6mm前後とほとんど違いがありません。

 

フィンカーもプロスカー同様フィナステリド5mgが標準になっているため、ダメではありませんが含有量が通常の5倍となるため、育毛作用を目的に服用する場合は少し多いためカットして1mg前後で飲むようにすると良いでしょう。

 

錠剤の形からするとプロスカーよりもフィンカーの方が均等にカットできそうですね。丸形のため比較的綺麗に4等分できそうです。

 

ピルカッターでカットして飲むのが一般的な飲み方になるのはプロスカーと同じですが、プロペシアやプロスカーをはじめとするその他ジェネリック医薬品を含めフィナステリド育毛剤はカットして使用することに多少のリスクが伴う場合があるのでその辺りを考慮してプロペシアかプロスカーかを選ぶと良いでしょう。

 

その上でジェネリック医薬品は価格的メリットが非常に高いため、価格を抑えたい方、安く使いたい方はフィンカーを使用すると良いでしょう。

 

プロスカーとフィンカーの価格差

プロスカー 商品 価格 1錠当たり
1箱28錠 3,359円 119円
2箱56錠 4,959円 88円
3箱84錠 6,558円 78円
フィンカー 商品 価格 1錠当たり
小分け30錠 2,667円 88円
1箱100錠 4,545円 45円

※価格は調査当時に価格になります

 

圧倒的にフィンカーが割安のため、プロスカーの効果を確かめつつ、フィンカーも利用してみるといいと思います。

 

先発医薬品とジェネリック医薬品について

  • 先発医薬品とジェネリックに効果の差はあるのか?
  • 違いはあるのか?

 

と気にされる方は多いですが基本的にはないと考えておいて良いでしょう。

 

ただし、厳密に言えば成分は全く同じでも製造会社や製造国、製造工程に違いのある別の薬であるのは間違いないので効きに差を感じる方もいます。

 

そういった意味からもまずは先発医薬品(ここで言うならばプロスカー)を使ってみて、効果を確かめた上でジェネリック医薬品(フィンカー)に変更するのが良いのではないかと思います。何にしてもジェネリック医薬品のコスパ(コストパフォーマンス)の高さは使えば使うほど魅力に感じていく部分です。

 

私自身プロペシア→フィンペシアだったのでこれが確実かなと思います。何より、安心感というのが高いのではないかと思います。
ご参考にしてください。


【通販サイト横断】最安値単価表 フィナステリド育毛剤人気ランキング キノリンイエローフリーのフィンペシア