プロペシア・フィンペシアの偽物について

本物を証明する「成分鑑定書」プロペシアに偽物はあるのか?

プロペシア・フィンペシアをはじめ、薬を個人輸入で海外から購入する時に気になるのは本物なのか?ということだと思います。
なんとなく海外通販というだけでちょっと怪しく感じてしまったりするものです。

 

現にプロペシアについては以下のような報告がされています。

  • 個人輸入でプロペシアの偽物が流通している
  • 偽物と本物は見た目では区別ができなくなってきている
  • 全く違う成分や異物が混入していることもあり、重篤な健康被害が出ている人もいる
  • 個人輸入品による健康被害は厚生労働省からも注意喚起が行われている

 

このようなこともあり、不安があるのであれば薬は病院など医療機関で購入するのが一番安全であるのは間違いありません。
ただ、やっぱり病院に行くのもそれなりに覚悟がいるデリケートな悩みでもあります。
できることなら誰にも知られずに克服したい悩みでもありますよね。

 

この薬の偽者問題に関する不安を解消してくれるのが「オオサカ堂」ではないかと思っています。
私もよく利用しているオオサカ堂では、プロペシアの成分鑑定を第三者機関(薬剤師協会や社外スタッフなど)に依頼しており、本物であることをしっかりと開示しています。
調査結果となる成分鑑定書もホームページ上で公開されています。

 

 

「プロペシア成分鑑定書とは?」

プロペシア成分鑑定書

以下のリンクからオオサカ堂へ移動していただければ確認できます。

プロペシアの検査結果報告書⇒プロペシア1mg

 

 

薬が本物か偽物かそんな購入者の不安をしっかりと取り除いてくれている点も好感が持てる点ではないでしょうか。

 

また、他の個人輸入代行サイトでは、こういった客観的に本物であることを証明している資料が公開されていないところが多いです。
決して「ないから偽物」ということではありませんが、購入者としてはあるとやっぱり安心できるものです。

 

じゃあフィンペシアはどうなのか?

プロペシアは成分鑑定書があるけどプロペシアのジェネリックであるフィンペシアはないけど大丈夫なのか?そう思われる方もいるのではないかと思います。実際に私も現在はコストを抑えるためにもフィンペシアを使っているフィンペシアユーザーです。

 

まず、上述していますが成分鑑定書がないから偽物ということではありません。
薬の偽物はフィンペシアをはじめとするジェネリック医薬品にはないと言われています。

 

その根拠としては儲からないためだと言われています。

 

ジェネリック医薬品は非常に価格が安いため、人気が高いのですが、薄利多売が絶対条件になり、効率が悪い様で悪徳業者も目をつけないことが多いと言われています。

 

ただし、これはあくまでも予測の範疇にしか過ぎませんし、絶対はないということは頭に置いておいた方が良いです。

 

個人輸入はこの点にリスクがありますが、オオサカ堂など成分鑑定書をしっかりと発行してくれているところは他の海外通販サイトよりは安心が持てるのではないかと思います。

 

安いことももちろん魅力ですが、こういった安心も非常に大きな魅力の一つではないかと思います。

 

実際に私も使っているサイトなので少しでも安心に思ってもらえればと思います。実際に2年以上使っています。
以下は偶然ではありますが、捨てずに溜まっていたフィンペシアのゴミの山です。

フィンペシアの空箱

 

プロペシアのちょっと豆知識

プロペシアは保険がきかない自由診療のため、価格が決まっていません。
そのため、病院ごとに価格が大きく異なります。また、病院ごとに設定されている価格を調べようとしても薬の価格を公開している病院はほとんどありません。

 

個人輸入代行サイトでもショップごとに得手不得手があるため、価格差も大きいことがあります。価格が低いということは単純に大量に買い付けているからかもしれませんが、大量に買い付けている=それだけそのサイトから売れているとも考えられます。

 

多くの方が利用しており、非常に安価で提供されているオオサカ堂はおすすめです。

 

オオサカ堂のプロペシア


【通販サイト横断】最安値単価表 フィナステリド育毛剤人気ランキング キノリンイエローフリーのフィンペシア