プロペシアからフィンペシアへの変更

プロペシアからフィンペシアへの変更・切り替えについて

男性型脱毛症の治療薬として「プロペシア」はよく使われています。
しかし、プロペシアは保険適用外のためコストが非常にかかるのがネックになるところ。

薄毛、特にAGAは「病気」として認められています。しかし、生命活動に支障をきたす程の疾患ではないため保険適用治療には該当しません。

また、飲み続けなければ元に戻ってしまうという事例も多く、一度始めたらなるべくなら飲み続けるべき薬です。

 

プロペシアとフィンペシア

 

プロペシアは本当にお金がかかります。
病院で処方してもらうことを考えた場合、私の知っているところでは1mg14錠で4500円かかります。1ヶ月で約1万円、1年にしてみれば薬代として12万円です。しかも、病院で処方してもらう場合、個人輸入と違い、交通費や診察料もかかるので実際はこれ以上の金額がかかると思われます。かなり痛い出費になることは間違いありません。

 

当サイトでも最安値比較表を紹介していますが、一番安く購入したとしても、1日に約180円かかります。1ヶ月で5,400円です。1年で65,700円ですね。高いことには変わりないですが、病院と比べれば個人輸入がどれだけ安いかが一目瞭然ですね。

 

しかし、フィンペシアはどうでしょうか?
購入方法によって違いはありますが、だいたい1日21円〜25円です。1月で750円、1年で9,125円です。プロペシアと比べると年間で5万円もの違いが出てきます。

 

プロペシア・フィンペシア利用者の多くはまずは先発医薬品でもあるプロペシアから始める方が多いです。そして、プロペシアの効果に満足すると金銭的な負担を軽減させるために、ジェネリック医薬品のフィンペシアへ変更・乗り換えを行う人も多いです。
(実際に私もプロペシア→フィンペシアです)

 

薬乗り換えの疑問

プロペシアは先発医薬品、フィンペシアはそのジェネリック医薬品に当たる薬です。ともにフィナステリドを有効成分とする薬で特許内容に基づき作られている薬なので効果に違いはありません。ただし、効果や成分は同じでも違う薬であることには変わりません。

 

  • フィンペシアに変更すると「初期脱毛」が起こるのでは?
  • プロペシアと同じ効果が得られるのか?

ここに不安を感じる方は多いと思います。

 

基本的にプロペシアとフィンペシアは効果は同じなので本来変化は起こりません。

 

ただし、配合する成分量などが全く同じであっても、製造プラントや製造工程の違いから薬の効き目に僅かな誤差が出る可能性はゼロではありません。また、薬というのは比較的個人差の大きいものです。そのため、あなたに合った薬、体質に合っているものを使うのが一番です。先発医薬品とジェネリック医薬品の効果の誤差は本来予測範囲内なので基本的には違いはありません。

 

ただし、安心感を得たいのであれば正規品のプロペシアがおすすめです。

 

私の場合

あくまで一つの事例として捉えて欲しいのですが、私の場合の話をします。
私はプロペシアを約半年間使用してからフィンペシアに乗り換えました。
フィンペシアに乗り換えてから数週間後に1〜2週間ほど抜け毛が多くなった気はしましたが、その後納まりました。これが初期脱毛の症状に入るのかどうなのかは判断が難しいところですが、すぐに治りました。

 

プロペシアを飲み始めたのは随分昔のためうろ覚えではありますが、初期脱毛が1ヶ月ほど続いたのを覚えています。飲み始めてすぐだったのか、飲み始めて少し経ってからだったのかは覚えていませんが、1ヶ月ほど続いたのは覚えています。

 

なので、基本的には同じ成分の薬ですし、変更は問題ないと思っています。

 

他にもプロペシアからフィンペシアへの乗り換えに関する疑問が口コミ掲示板にも書いてありましたので引用して紹介しておきます。

 

プロペシアからフィンペシアの乗り換え口コミ

引用
私はプロペシア半年使用してからフィンペシアに乗り換えました。
確かに乗り換えて2週間はまた初期脱毛みたいなものがありましたがすぐ治まりました(プロペシアの場合は1ヶ月ありました)。
厳密に言えばフィンペシアはジェネリックではないので、金銭的に苦しいならアメリカやイギリスのプロペシアを購入した方がいいかも知れません。日本製と同じ成分で値段も多少安いので多分大丈夫だと思います。

※引用元:ヤフー知恵袋

 

引用
質問者さんがおっしゃるとおりまだ医学的根拠はないです。耐性問題はネット等での噂の域です。プロペシアやフィンペシアを10年や20年服用とか長期間使用データすらないので根拠はないと思います。私はプロペシアから始めて現在フィンペシアを1年半以上服用していますが経過順調で満足しています。私は医学的根拠のない耐性問題は気にしてません。

 

引用
最初はクリニックや医院で処方してもらう人が多いからではないでしょうか。医院ではプロペシアしか処方できないので必然的にプロペシアからスタートしている方が多いのだと思います。 継続するうちにフィンペシアがある事を知り、費用的に考えてフィンペシアに切り替える人が多いのではないかと思います。

 

そもそもジェネリック医薬品は

  • 法律上効果効能は同じ(同じでないとジェネリックとして販売できません)
  • 先発医薬品で効果や安全性が確認が取れているため、開発コストがかからないため安価

だということです。

 

なのでプロペシア≒フィンペシアです。

 

結局のところは薬によって合う合わないはあるということです。
これは風邪薬にだってあります。
同じ薬でもすごく効く人もいれば、全く効かない人もいます。
育毛剤にもそれはあります。

 

誰かが効果があったから絶対効果があるとは言い切れないのが本当のところです。逆もあります。なので口コミはあくまでも参考程度です。特に薬の場合は。
不安はあると思いますが、コストで悩んでいるのなら試してみることを個人的にはおすすめします。

 

全く同一ではないので多少の誤差は出るのは仕方がないと言ったところですね。
また、結局のところ個人差があるので人によって違うというのも大きいと思います。

 

プロペシアで効果が期待できて、コストを抑えたいのでフィンペシアへの変更を考えているのであれば試してみるといいと思います。
試すのであればとりあえず3ヶ月ほどは継続し、それでも脱毛が続くようなら戻せば済むことです。


【通販サイト横断】最安値単価表 フィナステリド育毛剤人気ランキング キノリンイエローフリーのフィンペシア